損だけではない新車半額

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 損だけではない新車半額
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
損だけではない新車半額新車半額のメリットデメリットを理解する

新車半額のシステムのメリットは、初期費用なしでリースができる事でしょう。

新車半額のシステムで新車を買った場合、所有者はリース会社になります。
要するに新車を決められた年数を半額で借り受けている状態になるわけです。
通常、車をリースすると、税金も含んだ値段になっていることが多いので、リースだと考えればお得になります。

ディーラーが所有車となる場合は、少しの改造は大丈夫というところもあります。
購入した車は決められた年数が過ぎると、ほとんどが中古車として買い取られることになります。
中古車の場合は、買い取りの時に人気が高ければ、買った当初の金額よりも高く売れることもあるようです。

車はリースしている状態ではありますが、特にリース会社が乗り方の干渉があるわけではないようです。
事故を起こした場合も、車の持ち主であるリース会社やディーラーが介入してくれます。
もちろん、任意保健に入ることは求められます。

ローン金利が高い、値引き交渉ができないので総額が高くなるなどのデメリットもありますが、絶対的に損失の方が大きいわけでもありません。

car-ug-buy

Comments are closed.